制作 tekara

http://atelier.woman.excite.co.jp

 

リアンジェをご訪問頂いた皆様こんにちは。
久々のblog更新となります。

気がつけば、桜のつぼみもほころび始め、少しづつ春の訪れを感じさせる陽気となって参りました。
みなさまいかがお過ごしでいらっしゃいますか。
新春の到来に心躍る一方、花粉症の方々にはつらい季節到来でもありますね。
我が家でも、花粉症の子供達の対応に毎年頭を悩ませています。

最近は風邪や花粉症対策でマスクを着用する方を多く見かけますが、子供にとっては息苦しかったり、
肌荒れを起こしたり、着用時に顔がごつく見えてしまったり…と言った問題もある様です。

昔はマスクと言えばガーゼ製のものしかなく、何度も洗って使っていましたが、不織布性のマスクが登場してからはほとんど見かけなくなりました。
実は私も、以前ガーゼマスクで出社したところ、上司から『昭和のマスクだね!』と云われムッとした覚えがあります(笑)

不織布マスクは 編み目構造のガーゼよりも花粉が付着しやすく、
ウイルスによる飛沫感染対策には適している一方で、
ガーゼマスクは顔を柔らかく覆うので 安心感があり、素材の柔らかさから表情がやわらかく見える
と言った印象もあるなど、ガーゼマスクのメリットが見直され、
器用なお母様や女性の間では、手作りのマスクでおしゃれを楽しみながら、
風邪や花粉症対策をなさっている方々も増えて来ている様です。
”リユース”を推奨する-リアンジェ-としては 嬉しい傾向です♪

使い捨てのマスクは便利ですが、可愛い柄のコットンや、ガーゼ素材で、手作りした
オンリーワンのお気に入りマスクがあれば、つらい季節も楽しく過ごせそうですね。

マスクの作り方はとても簡単で、少しの時間と材料で作れるので、
手芸には自信がないという方も、これからの花粉症の季節に向けて、
子供や女性に使い易く、可愛く綺麗に見える形のマスクを選んで、
手作りマスク作りにトライしてみてはいかがでしょうか。
お友達へのプレゼントにもお勧めです♪