前

こんにちは*
リアンジェデザイナー熊谷です^_^
チューリップやマーガレット、デルフィニュームが色とりどりに咲き乱れ、
頬を撫でる風も柔らかで♪ 待ちに待った大好きな春爛漫の季節になりました*
今年のゴールデンウイーク、皆様はいかがお過ごしですか?

 

さて、今回は前々回より引き続き、縫製〜お品物完成迄の
リメイクベビードレスの行程をご紹介したいと思います*

 

IMG_4421

まずは リメイク用のドレス素材の解き作業からスタートです。
ファスナー、タグ、ビーズやパール、スパンコールなどの附属品や、
リボン、お花のコサージュなど、装飾小物を全て取り除き、
丁寧に解いたドレス素材を広げ、クリーニングをしていないドレスの場合もたまにあるので、
その場合は特に丹念に素材の傷やシミ、汚れなど無いかチェックをし、
リメイクに使用する部分はリアンジェ提携のドレス専門クリーニング工場にて、
赤ちゃんのお肌にも安心な、天然石けんで、パーツ一つ一つの水洗い作業を行います。

 

429

綺麗さっぱり♥仕上げ作業を施した素材で、いよいよここから裁断作業に入ります。
素材の上にパターンを広げ、地の目や素材の特色を考慮しながらパターンを配置して
各パーツを裁断します。 緊張の一瞬です*^_^*
デザイナーの起こした縫製指示書から、熟練パタンナーが起こしたパターンは、
平面でもドレーピングを連想させる綺麗なシルエット、素材の落ち着き感があり、
それはお子様がお召しになられた時、大きな”差”となって
オートクチュールの魅力を実感して頂けると自負しております*

 

そして いよいよ 裁断したパーツを縫製行程の順に縫い合わせて行くのですが、
ステッチの綺麗さ、端始末、ゆがみ、たるみ、ツレなど出ない様、
縫い上げて行きます*

 

ドレスを飾るレ−スやアップリケモチーフなどにも、
ウエディングドレスのビーズやリボンを鏤め、
さり気ないOnly oneに拘って…*
一針一針心を込めて…

 

お母様の大切な、思い出のウエディングドレスが、
再び大切なお子様のセレモニードレスとして…
生まれ変わりました*

 

A.Y様赤ちゃん1

 

photo : 富山県A.Y 様 baby♥

お申し込みはこちらお気軽にお問い合わせください。